トップ > 製品紹介 > インキポンプ

遠心力ポンプ

遠心力ポンプ(あるいは渦巻ポンプ)の特徴は使い方とメンテナンスが簡単で、液体のフローに脈動がない点です。Graymills社の遠心力ポンプモデルにはタンク内ミキサーが付いており、タンク内の液体を常に混ぜる機能が備わっています。モーターには電動モータータイプと空気圧モータータイプがあり、またクイック着脱オプションもあります。流量はバルブで簡単に調整することができ、また空気圧モーターの場合にはエアーフローを調整することによって流量を調整することが可能です。

Hシリーズ/Mシリーズ/Gシリーズ

Graymills社の遠心力ポンプは溶剤インキおよび水性インキ、水性コーティングの用途において求められる移送条件に合うよう設計されています(UVインキならびに高粘度インキ用途については「ぜん動ポンプ」を参照ください)。ポンプとしては、メンテナンスが容易で寿命が長いポンプが実現できるような設計を目指しています。

1.AGITOR

インキ、粘着剤、ニス、といった液体はパフォーマンスを常に維持するためには、常時混ぜる必要があります。「AGITOR」ポンプは固体分を常に攪拌して液体の粘度を適正に維持するよう努めます。Graymills社のポンプにはこの機能が常に付随します。

2.スリーロッド構造

Graymills社のスリーロッド構造(ロッド3本)ポンプは他の一体型タイプと比較して軽量化が実現されており、取り扱いが容易になっています。また、一体型タイプに見られるような洗浄が困難なインキ汚れが付着しにくい構造が採用されています。

3.フッ素コーティング

排出パイプやフランジに施されたフッ素コーティングにより、寿命が長く洗浄が容易です。

4.ステンレススチール製

シャフト、カップリンフ、ロッドがステンレス製で、腐食に強い性質を有します。

5.プラスチックインペラー

Graymills社のインペラーはガラス充填軽量プラスチック製です。極めて優れた耐久性と耐磨耗性を有し、印刷に用いる溶剤に対して不活性です。また、成型プラスチック製であるため、交換が容易でバランス調整が不要です。

6.残留インキ

タンク内にごく少量のインキしか残しません。これによりインキロスの低減と洗浄時間の短縮を目指しています。

7.パイプ接続

ポンプタイプによっては、レジューサ継手が付随するものがあります。これは、複数のパイプに接続できるようにしてあるものです。ホース径が小さい場合など、接続器具のご用意もございます(ただし流量は減ります)。

8.モーター

標準モーターおよび防爆モデルモーターから選択が可能です。したがって、環境に適したセッティングが可能です。シールベアリングが採用されており、ULやCSA、NEMA等に適合しています。CE、ATEX適合モーターが必要な場合でもご用意があります。ポンプタイプによっては、速度調整可能な空気圧モーターおよび電動モーターも選択可能です。

Hシリーズの特徴

9.円筒型ボリュート

Hシリーズは多くのインキタンクに合うよう設計されています。

10.ハンドル

Hシリーズポンプにはハンドルが付いています(前頁の写真には写っていません)。取扱性が優れています。

11.マウントフランジ、排出/蒸気ディフューザー

ポンプにはフランジが付いており、これはモーターを支えるだけでなく、蒸気からモーターを守る役割も果たします。フタの上部に排気口が位置しています。

Mシリーズの特徴

12.ハイパフォーマンスボリュート

Mシリーズポンプはより強力なパワーを有しており、印刷ユニットが高い位置にある場合や特に幅が広い印刷機に有効です。

13.人間工学設計

ツインハンドル設計により取扱性に優れています。フランジによりモーターが蒸気から守られています。

14.軽量

従来のポンプよりも15%程度の軽量化を実現しています。

カタログはこちら
ページトップ